マニラ 2018.10.08

IR新興国フィリピンの首都「マニラ」

経済成長めまぐるしいフィリピンは、マカオに次ぐアジア第2位のIR新興国として期待

■概要
フィリピンは各都市に数十カ所のカジノが点在しています。そのほとんどは国のカジノ管理機関「PAGCOR」によって管理・運営されています。またフィリピンではオンラインカジノも認められているためこれらは大きな収益源です。

2010年頃から国際競争に備えるべく、マニラの振興開発地区「マニラベイエリア」でのIR開発が認可され始め、内外資民営の大型カジノが誕生しました。2013年「ソレアリゾート」(比系財閥企業)、2015年「シティオブドリームス」(マカオ系)、2017年「オカダ・マニラ」(日系)が順に開業し、すでに空港のすぐ近くにオープンしていた「リゾートワールド・マニラ」(マレーシア系)を加えてフィリピン4大IRと言われています。このマニラベイエリアのカジノへはフリーウェイで約15分ほどとアクセスも良く渋滞の心配もないためストレスフリーです。

さらに2018年にはマニラベイエリアに「リゾートワールド・ベイショア」という超大型IRが完成予定で、マニラに5つ目のIR誕生となります。ここにはホテルオークラが出店予定です。

カジノ以外でも景気好況のマニラでは、マカティやグローバルシティなどの近代都市開発も進んでいて、ショッピングやグルメが楽しめる新たな観光スポットも増えています。ただし、マニラでの移動手段はほぼタクシーしかなく、終日渋滞のため移動にかなりの時間を浪費することを覚悟しなければなりません。

その他、マニラ近郊の観光都市やセブ島にも中規模クラスのカジノがありますが、人気リゾートのセブ島やマクタン島では今後大規模なIR開発計画も進んでいます。

■カジノ
フィリピンのカジノは入場時にIDチェックが行われ、21歳以上から入場が認められます。入場料はありません。

ただし、入場時のセキュリティチェックは厳重で、ホテルやカジノのエントランスでボディーチェックと手荷物検査が行われます。

テーブルゲームではバカラが人気を占め、次いでブラックジャック、ルーレット、シックボー、ポーカーなどが揃っています。スロットやビデオゲームなどのマシン系も豊富で、カードゲームやビンゴなどもビデオゲームで楽しめます。

またフィリピン特有のゲームとして、バーチャルの競馬が人気があります。壁一面の大画面でバーチャルのサラブレットが走るレースにマシンで賭けることができます。日本のゲームセンターにあるものと同じ要領です。

テーブルゲームのリミットも総じて低額で、バカラでも約1,000円くらいから置いてあります。テーブルで使える通貨はフィリピンペソとUSドルですが、マシンゲームではフィリピンペソしか使えません。日本円の両替は、フィリピンではカジノより空港や街中の換金所の方がレートはいいようです。

カジノディーラーは穏やかで陽気な人が多いようで、割と楽しませてくれます。チップをあげると喜んでくれます。

ドリンクは無料でウェイトレスに注文します。ウェイトレスにもチップをお忘れなく。

■アクセス
日本からフィリピンへは首都のマニラかセブ島への直行便があります。マニラへは成田、関西からそれぞれ約4時間のフライトです。料金も往復で約3~5万円と安価です。

マニラのニノイアキノ国際空港から市内へはタクシーがお勧めです。英語が通じるので交渉も可能です。タクシーでマニラベイへは15分ほどですが、マニラ市内へは渋滞でかなり時間がかかります。また、IRへ行かれる場合はシャトルバスが出ています。

■治安
マニラはフィリピンで最も治安の悪い都市ですが、マニラベイやマカティなどは安全なエリアです。人の多い空港や観光地ではスリや置き引きなどの盗難に充分注意が必要です。2016年に今のドゥテルテ大統領に代わってからは薬物の流用が減ったため比較的治安は良くなったといわれています。

■タクシー
空港を出るとタクシードライバーがたくさん声をかけてきます。ここで行き先と値段交渉が出きればいいですが、そうでなければ「METERED TAXI」と書かれたタクシー乗り場で捕まえましょう。声をかけてくるドライバーは大概ぼったくりです。

料金は初乗り40ペソ(約80円)で30分ほど乗っても300円くらいです。ただ、高額の紙幣だとお釣りがないとかいってぼったくられる原因にもなるので、乗る前に必ず100ペソ紙幣をいくつか用意しておきましょう。

■シャトルバス
マニラベイエリアのカジノホテルへは無料のシャトルバスが出ています。ホテルのロゴがラッピングされている大きなバスなのですぐに見つけられます。15分間隔で出ているようですが時間はまちまちです。ただし、3つある空港ターミナルによって乗り場やシャトルバスの有無が異なるので予め調べておくといいでしょう。

(ベティナビオフィシャルサポーター:KTG)

一覧へ戻る