マリーナ・ベイ 2018.12.27/マリーナベイ サンズ

マリーナベイサンズ ニューイヤーカウントダウン!

マリーナベイサンズ ニューイヤーカウントダウン!

世界有数の年末カウントダウン・スポットとして知られるのが、シンガポール・マリーナベイサンズ前のラグーンで行われるカウントダウン・イベントです。

大晦日の夜はこのラグーンを取り囲むように数十万人の人が世界中から集まってきます。

私も2015年、2016年と2回挑戦しましたが、あまりの混雑にベストスポットには到底辿り着けず、物陰からちらっと花火を見ただけでした。


マリーナベイサンズのエントランス辺りやマーライオン側の沿道辺りを確保するなら少なくとも3~4時間前から場所取りをしないといけませんね。


2時間ほど前になると周辺地区や駅は通行規制が張られて、行列にしたがってぐるぐる回らないとラグーン側には辿り着けないからです。

もっとも、マリーナベイサンズに宿泊すればスカイパークやインフィニティプールから観覧できるんですが、カウントダウンや花火はプールの縁に立たないと見えないかもですね。


実は、宿泊者でなくてもチケットを買えば展望デッキのカウントダウン・イベントに参加できます。

<詳細>
展望台カウントダウン・パーティー

大晦日午後10時~深夜3時

料金
一般入場料:138 Sドル(宿泊者 118 Sドル)
VIP-A(8名掛け):1,888 Sドル
VIP-B(8名掛け):1,288 Sドル


特典
・屋上からの盛大な花火観覧
・バンドライブ演奏
・無料シャンパン
・記念撮影


思い出に残るカウントダウンになるかもしれませんね。

さて、カウントダウンの内容は、

ラグーンの北側にあるフラートンホテルを使ったプロジェクションマッピングでカウントダウンが行われます。

音楽と映像とともにカウントダウンが行われますが、辺りは騒然としているためマリーナベイサンズ側からだと少し聞こえにくかった記憶があります。

そして、ニューイヤーの幕開けとともに盛大な花火が打ち上げられます。

それ以上に地上の人々は大声をあげて祝福しあっていましたね笑

花火は15分ほどで終わります。その瞬間みんな一斉に帰り始めます。といっても多くの人はナイトクラブやクラークキーなどに出て行って朝までパーティーのようですが。


そのためここからが一番大変です。電車も大混雑だし、道路も大渋滞でタクシーはまずつかまりません。

1時間以上かけてなんとかクラークキーまで出て、友人たちと1時間ほど飲んで帰ろうとしたら、そこから1時間以上タクシーはきません。

幸いウーバータクシーを予約できたので30分ほど待って帰ることができました。

アジア圏髄一のカウントダウンだけに人混みは半端なく、かなりの覚悟はいりますが、一生に一度は経験してみたいですね。

(ベティナビオフィシャルサポーター:KTG)

一覧へ戻る