パース 2018.12.10/クラウン パース カジノ クラウンメトロポル

オーストラリア・クラウンメトロポール

オーストラリア・パースのクラウンメトロポール

オーストラリアの西海岸にある大都市パースで唯一のカジノをご紹介します。

オーストラリアのカジノは18歳から入場でき、エントランスでのID確認はありません。


このクラウンカジノに併設されているホテルに「クラウンメトロポール」と2017年にオープンしたばかりの「クラウンタワーズ」があります。

このエリアを「Burthwood(バースウッド)」というため、別にバースウッドカジノとも呼ばれます。



1Fにあるカジノのエントランスは2ヶ所あって、メトロポールホテル側とメインエントランスがあります。

カジノは1フロアですがかなり広く、きれいで清潔にできています。テーブル数やマシン台数は巨大カジノ並みに充実しています。


VIPルーム「メリディアンルーム」やハイリミットルーム「リビエラルーム」のほかに、ポーカールームやキノルームなどもあります。

カジノ内には、スポーツバーやヌードルバー、レストラン、カフェなども充実しています。


ゲームテーブルでは、バカラとブラックジャックが大多数を占めていて、ルーレットやポーカー、シックボーなども豊富にあります。


<参考レート>
・バカラ AUD15~(1,275円~)
・ブラックジャック AUD15~(1,275円~)
・ブラックジャックPLUS  AUD5~(425円~)
・ルーレット AUD2.5~(213円~)
・カジノウォー AUD10~(850円~)
・ホールデムポーカー AUD10~(850円~)
・スタッドポーカー AUD10~(850円~)
・3カードポーカー AUD15~(1,275円~)

ホテルは、クラウンメトロポールに宿泊しましたが、清潔感があってアメニティーや設備も充実しています。

ホテル自体も吹き抜けになっているので開放感があっていいですね。


3Fには大きなプールがあって、隣にフィットネスジムも併設されています。

その他、ホテル内にはスパやナイトクラブ、シアターやフードコートもあったようです。

カジノのあるバースウッドはスワン川畔のちょっとしたリゾートエリアになっていますが、タクシーで5分も行けば市内に出られます。

中心街にはショッピングストリートや商業施設もあり、買い物や食事に一日遊べそうです。

メトロポールホテルの裏側に小さな駅があり、そこから市内まで10分ほどで出られるようです。

因みに、空港からメトロポールホテルまではタクシーで15分程度でしたが、日本と同じくらい料金が高く、6,000円くらいかかりました...

パースの中心エリアからもう少し足を伸ばせば、日帰りで行ける観光スポットがあります。

その一つ、フリーマントルまでは電車で約40分ほど。海岸沿いにあるのどかな港町で、フィッシャーマンズワーフやファーマーズマーケット、フリーマントル刑務所が見どころのようです。

フリーマントルで一日観光して、お勧めされたサンセットをみた後、オージービーフステーキのディナーをとってから帰りました。

このフリーマントルよりもう少し北にあるビーチからみるサンセットは、世界一美しいともいわれているそうです。


パースは、大都市といっても割とのどかで人も優しくのんびりと過ごせる街だと思います。

(ベティナビオフィシャルサポーター:KTG)

一覧へ戻る