仁川 2018.06.25/パラダイスカジノ 仁川

GWパラダイスシティ滞在&激闘記①

GWを利用して1泊2日で韓国のパラダイスシティ

直前まで予定がわからなかったが、GWは何とかフルに休めそうだな~、という事で、GWを利用して1泊2日で韓国のパラダイスシティへ。

「GWなので航空券高そうだな」といった心配は一切なく、GW突入3日前に、パラダイスシティの販促担当に連絡し、「ANA羽田午前発、帰りは昼過ぎぐらいの便よろしく~」なんて連絡をすると、1時間後に自分のANAアプリに航空券の予約が反映されている。ちなみに変更可のチケットで、自分ではANAのサイトでは変更手続きができないが販促担当に言えば何度でも変更が可能。もちろんマイルも付与される。(エコノミーだと往復で1500マイルくらい)

販促担当によると「ドタキャンだけはしないでください・・・」との事。
普通だと考えられないが、案外ドタキャンする人もいてその場合単純にカジノ側の赤字になるらしい。

羽田発の便は仁川行きがないので金浦空港から手配をお願いしていた送迎の車でパラダイスシティへ。金浦空港のパラダイスシティのカウンターは入国出口をでてすぐ左側にあり、わかりやすい。

金浦空港からパラダイスシティへは車で30分程度ではあるが、仁川空港の劇混みのイミグレのことを考えると、金浦は全く並ばないのでそこまで時間のロスはない。一度仁川空港のイミグレで90分並んだ記憶があり、もはやトラウマレベルである。

あまり大差はないので悩まないのもコツ

余談ではあるが、私はカジノ旅行前、いつもいかに安く、そしてロスなく短い時間でカジノまで到着できるかを考えている。

パラダイスシティへ行くのは旅費、ホテルなど含め全てカジノ側が負担してくれるが、フィリピンやマカオといった他のカジノへ行く際はそうはいかないので、より安いチケットやホテルを様々な旅行サイトを駆使して探している。

しかし、旅行後はいつも同じ結論に達する、

大差ないな・・・

と。

正直1万円程度の差などバカラプレイヤーにとってはもはや「1ベットにも満たない金額」でしかないからだ。まあ、「旅行は計画中から始まっている」という事で、計画している時も楽しかったりするのだが・・・

話は戻り、パラダイスシティへ到着すると販促担当が出迎えてくれ、面倒なチェックインなどの手続きもなく、すぐに部屋へ荷物をおきカジノへ突入。

(ベティナビオフィシャルサポーター:crazy)

一覧へ戻る