施設2018.02.10

マカオカジノ大手メルコ・リゾーツ&エンターテイメントが17年第4四半期業績発表…増収増益

マカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角で、国際カジノ・リゾート大手のメルコ・リゾーツ&エンターテイメントは2月8日、昨年(2017年)第4四半期の監査前業績を発表した。

同社発表資料によれば、今年第4四半期の売上高は前年の同じ時期から11.7%増の13.326億米ドル(日本円換算:約1450億円)、営業利益は11.2%増の1.29億米ドル(約140億円)、調整後EBITDAは11.7%増の3.398億米ドル(約370億円)。純利益は87.5%増の8120億米ドル(約88億円)。

同社では、増収要因として、全社のVIPルーム事業及び「スタジオ・シティ マカオ」と「シティ・オブ・ドリームズ マニラ」のマスゲーミング(いわゆる平場)の売上増を挙げ、「シティ・オブ・ドリームス マカオ」の下落分をカバーしたとした。

なお、「スタジオ・シティ マカオ」は2015年10月27日の開業当初はVIPルームを設置しておらず、2016年11月になって新設した。

同社のローレンス・ホー会長兼CEOはプレスリリースの中で、マカオのカジノ売上が3年連続下落した後、2017年に上昇に転じ、対前年約20%増となったとし、市場需要が拡大し、港珠澳大橋の竣工やコタイ地区の開発が進むといった動きがある中、2018年のカジノ売上も力強い成長を遂げるとの見方を示した。

メルコ・リゾーツ&エンターテイメントはマカオ・タイパ島で「アルティラマカオ」、コタイ地区で「シティ・オブ・ドリームス マカオ」及び「スタジオ・シティ マカオ」の大型IR(統合型リゾート)を運営するほか、「モカ」ブランドのスロット専門カジノ施設を市内各所に展開。また、フィリピン・マニラで「シティ・オブ・ドリームズ マニラ」を運営するなど、マカオ以外の市場へも進出。日本市場への進出意欲も示している。

(出典:マカオ新聞)

一覧へ戻る