ニュース2018.02.06

マカオ、タクシー供給数6%増の1700台体制に

マカオは面積約30平方キロメートルという小さな地域だが、人口約65万人、年間訪マカオ外客数は約3250万人を数える。目下、マカオには大量輸送を可能にする軌道系交通機関が存在しないことから、公共路線バスとタクシーが市民や観光客の移動にとって重要な移動手段となっている。

マカオ政府交通事務局(DSAT)の統計によれば、昨年(2017年)第3四半期末時点で営業中のタクシーの数は1583台(一般タクシー:1492台、無線配車型タクシー:91台*)にとどまっており、需要に追いついていないとの見方もある。(*無線配車型タクシーのライセンスは100台分だが、うち9台が昨年8月の大型台風襲来により使用できない状態が続いている)

そんな中、2月5日付のマカオ政府公報にDSATが公開入札方式で新規100台分のタクシー営業ライセンスを発行する行政長官令が掲載された。これにより、タクシー供給数は現在から約6%増となる見込み。なお、今回のライセンスの期限8年間で、延長と譲渡はできないという条件付きのもの。

近年、マカオのタクシーをめぐっては、一部の悪質なドライバーによるぼったくりや乗車拒否が社会問題となっているが、供給増とともに、「甘い」とされる違反に対する罰則の強化厳格化についても政府が法改正に乗り出す姿勢を示している。

(出典:マカオ新聞)

一覧へ戻る