ニュース2018.10.29

カジノなどギャンブル依存症対策を考えるシンポジウム

カジノなどギャンブル依存症対策を考えるシンポジウム

NPO法人依存学推進協議会が主催するシンポジウム「ギャンブル等依存症対策」が京都で行われた。ギャンブル依存症を考える会の田中代表は、ギャンブル依存症対策作りは「財源の確保と利益相反の避止」「地域連携の構築と人材育成」「広告規制、年齢制限、自己排除システムなど産業側への規制項目の決定」の3本柱が鍵になると力説された。


”カジノなどギャンブル依存症対策を考えるシンポジウム”

(出展:UCリゾートエージェンシー)

一覧へ戻る