ニュース2018.11.09

シティオブドリームズ・マニラの所有者、上場廃止計画を中止

シティオブドリームズ・マニラの所有者、上場廃止計画を中止

マニラにあるシティオブドリームズのカジノオペレーターであるメルコリゾーツ(フィリピン)社の過半数所有者は、同社の自発的な上場廃止の申立てを撤回した。

しかし、MCOインベストメンツ(フィリピン)社は、一般の人々が保有しているメルコリゾーツ・フィリピンの発行済普通株式を最大で約15億7,000万株買収する為に自発的な公開買付を進めることを依然として希望している。

今回の目的は大株主の持株比率を増やすことである。以前提出された書類によれば、MCOインベストメンツは、既に約73パーセントを所有しているとのこと。

先週、メルコリゾーツ・フィリピンは、フィリピン証券取引所に対して、MCOインベストメンツが開始を予定していた公開買付を延期すると伝えた。

先日提出された書類に、この公開買付は延期されたとの記載はあるが、いつまでかは記載されていない。

一覧へ戻る