ニュース2018.11.08

米大手シーザース社の副社長が日本IRの可能性を評価

米大手シーザース社の副社長が日本IRの可能性を評価

ラスベガスを知り尽くす米大手シーザース社の副社長・ブラックハースト氏が、日本のIRの可能性を高く評価している。彼女はラスベガス初の女性市長として8年間ラスベガスの市政を担った実績がある。1999年からラスベガス大手「シーザーズ・エンターテインメント」に勤務し、現在は副社長として日本のIR進出のためPR活動を担っている。


”米大手シーザース社の副社長が日本IRの可能性を評価”

(出展:UCリゾートエージェンシー)

一覧へ戻る