ニュース2019.02.23

大手IRラスベガスサンズ、地元企業との連携も画策

大手IRラスベガスサンズ、地元企業との連携も画策

アメリカのIR大手ラスベガスサンズは、大阪へのIR進出に向けて地元企業との共同入札も計画検討していることを明かした。これが具体化すれば大きな方針転換となる。

ラスベガスサンズは、マカオとシンガポールなどのアジア圏にもIRを展開する世界第一位のIRカンパニー。グループの年間売上は、1.4兆円、時価総額5兆円。


”大手IRラスベガスサンズ、地元企業との連携も画策”

(出展:UCリゾートエージェンシー)

一覧へ戻る