ニュース2019.03.08

ギャンブル依存症対策基本計画案、パチンコ店や競馬場にもメス

ギャンブル依存症対策基本計画案、パチンコ店や競馬場にもメス

政府発表でギャンブル依存症対策の基本計画案の概要が分かった。パチンコ店や競馬などの公営ギャンブル施設にも場内でのATMの設置不可や顔認証による依存症患者の入場制限を検討するよう求めていく。2020年度までに全国の都道府県と政令指定都市に依存症の相談・治療拠点を整備する方針も示した。政府は、昨日から始まったパブリックコメントの結果をもとに4月中の閣議決定を目指す。


”ギャンブル依存症対策基本計画案、パチンコ店や競馬場にもメス”

(出展:UCリゾートエージェンシー)

一覧へ戻る