ニュース2019.03.12

静岡県のIR誘致、牧之原市が官民一体の取り組み

静岡県のIR誘致、牧之原市が官民一体の取り組み

IR誘致を目指す静岡県牧之原市は、開発候補地を大寄地区に絞った。同地区は、地元住民からも企業誘致などの要望がある約140haの遊休地。また市は、IR誘致に際して、市民への説明責任と地元周辺住民の理解が前提条件になるとしている。行政だけでなく青年会議所や商工会の経済界もIR誘致に前向きであるは強みである。


”静岡県のIR誘致、牧之原市が官民一体の取り組み”

(出展:UCリゾートエージェンシー)

一覧へ戻る