ニュース2018.03.14

カジノの依存症対策、自己排除システムで入場禁止

ギャンブル依存の抑制なるか?3つのエクスクルージョン(入場禁止)システム

欧米やシンガポールのカジノで導入されている自己排除(セルフ・エクスクルージョン)システムを日本のカジノでも採用する方針であることが分かった。自己排除の申請は国の管理機関ではなくカジノ事業者に行い、カジノ事業者が管理・実行する。シンガポールでは入場時に不適格者を排除するが、入場管理のないラスベガスなどでは顔認証システムで排除している。自分で入場禁止を求める「セルフ・エクスクルージョン」の他に、家族が申請する「ファミリー・エクスクルージョン」や行政が申請する「サードパーティー・エクスクルージョン」がある。

"カジノの依存症対策、自己排除システムで入場禁止"

(出典:UCリゾートエージェンシー)

一覧へ戻る