ニュース2018.03.26

福井でもIR誘致、同友会が「オール北陸」構想

福井でもIR構想、同友会が「オール北陸」構想を発表

福井経済同友会が北陸地域では過去2例目となるIR誘致に名乗りを上げた。候補地は、5年内に延伸される北陸新幹線の南越駅(仮称)の西側エリアで100ヘクタールの広大な土地が用意される。今後、同友会と越前市は福井県と北陸経済界に「オール北陸」を提言していく。

南越駅は、2023年春に開業予定の北陸新幹線の駅で福井県越前市の北陸自動車道・武生IC南方に設置される。福井経済同友会は、地域経済の活性化と地域貢献に寄与することを目的に設立された経営者団体の公益社団法人。

"福井でもIR誘致、同友会が「オール北陸」構想を発表"

(出典:UCリゾートエージェンシー)

一覧へ戻る