ニュース2018.03.28

IR実施法、自公協議まずは入場回数制限で合意

IR実施法、自公協議まずは入場回数制限で合意

27日に行われたWT協議で、自民党と公明党はカジノの入場規制に関する回数制限について合意した。日本人のカジノ入場回数は「週3回まで」かつ「月10回まで」の制限となる方向だ。1回の入場でカジノに滞在できる時間は「24時間」となりその間の出入りは自由。

つまり、週に最大72時間、月に240時間カジノでプレイが許される。決して厳しい規制ではないようだ。明日の予算委終了を前に、IR認定区域数とカジノ入場料の設定でまだ両党の溝は残ったままだ。

"IR実施法、自公協議まずは入場回数制限で合意"

(出典:UCリゾートエージェンシー)

一覧へ戻る